Top > CVS

CVS

コマンドリファレンス

使い始め

cvs init

インポート

ファイルが存在するフォルダの中で行う

cvs import -m 'comment' <project> <user> <currentname>

チェックアウト

cvs checkout <project>

差分表示

cvs diff <filename>

状態確認

cvs status <filename>

編集履歴確認

cvs log <filename>

差分送信/取得

cvs update

ファイル無視

cvs import -I <filename> <project>

import

http://www.cyber.sccs.chukyo-u.ac.jp/~kin/help/cvs-jp/cvs-jp_142.html

ファイル削除

実際にファイルを削除してから

cvs remove <filename>

新規ファイル追加

cvs add <filename>

※ファイルの場合は必ずコミットすること/フォルダはコミットの必要なし

コミット(反映)

cvs commit -m 'comment'

一番最後はリリース

cvs release -d <project>

※-dは削除のオプション

バイナリファイルの扱い

add時に"-kb"オプションをつける

後から追加することも可能

cvs admin -kb image2.jpg

参考ページ

http://www.radiofly.to/nishi/cvs/cvs.html

↑一番量が多い

http://www.hyuki.com/techinfo/cvsinit.html#intro

http://www.linux.or.jp/column/20000308.html


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 02 Dec 2014 08:00:39 HADT (1752d)