Top > Linux > RAID

RAID(md)関連

RAID6デバイス作成例

$ sudo mdadm --verbose --create /dev/md3 --level=raid6 --raid-devices=4 /dev/sd[cdef]1

スッと終わるので様子を確認します。

$ cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]
md3 : active raid6 sdf1[3] sde1[2] sdd1[1] sdc1[0]
      5860268032 blocks super 1.2 level 6, 512k chunk, algorithm 2 [4/4] [UUUU]
     [>....................]  resync =  0.5% (17578916/2930134016) finish=237.6min speed=204288K/sec

resyncが終わるまでおとなしく待ちましょう。

RAID6デバイス追加例

sdgというディスクが新規に増えた場合のやり方。

$ sudo gdisk /dev/sdg  

こちらのエントリを参考にgdiskでパーティションを追加する。 http://mattintosh.hatenablog.com/entry/20140926/1411686000 disk typeを fd00 にすること、既存の他のディスクのパーティションサイズと合わせることに注意。完了したらwで保存して終了。

次に作成したパーティションをRAID管理下に追加する。

$ sudo mdadm --manage /dev/md3 --add /dev/sdg1
$ cat /proc/mdstat

スペアディスクとして追加されてるハズなので、radi-devicesを増やせばRAID6の操作は完了。

$ sudo mdadm --grow /dev/md3 --raid-devices=7
$ cat /proc/mdstat

reshapeがはじまる。それなりに時間がかかる(下記の場合だと1303分≒21.7時間)ので座して待つ。

md3 : active raid6 sdg1[8] sdd1[1] sdc1[0] sde1[2] sda1[7] sdb[5] sdf[6]
      11720536064 blocks super 1.2 level 6, 512k chunk, algorithm 2 [7/7] [UUUUUUU]
      [>....................]  reshape =  1.3% (39886848/2930134016) finish=1303.9min speed=36941K/sec

LVMを利用している場合はこのあとPV(Physical Volume)を増加させる必要がある。

$ sudo pvresize /dev/md3 

更にVGを増やしてLVを増やしてresize2fsをして……みたいな手順があるがその辺の手順についてはRAIDとは関係ないので Linux/LVM を参照。

詳細表示

$ sudo mdadm --detail /dev/md3

Raid LevelやUUIDをここから確認できます。

EFIの場合に/bootをRAID1化する方法

※ここでは新規ディスクを /dev/sdX として記載する。

EFIの場合はルートディスクのパーティション構成が異なり、

/dev/sdX1 <- /boot/efi, vfat
/dev/sdX2 <- /boot, ext2
/dev/sdX3 <- / (root volume) など

のように、EFIパーティションが先頭にでき /boot が /dev/sdX2 になるので充分注意すること(一般的には /dev/sdX1 なのでその前提で記載されている場合が多い)。

まずはRAID1パーティションを作成する。まだ1台しか存在しない状態で作成するので missing を付与する。

$ sudo mdadm --verbose --create /dev/md1 --level=raid1 --raid-devices=2 /dev/sdX2 missing
$ cat /proc/mdstat

md1が存在していることを確認する。

次に、事前にEFIパーティション(通常 /dev/sdX2 )をマウントしておいた上で、grub-install、およびupdate-grubを行う。

grub-installを行う。 このコマンドは起動する可能性がある全てのHDDに対して行う。

$ sudo grub-install --efi-directory=/boot/efi --target=x86_64-efi /dev/sdX

終わったら /boot をマウントする。 /etc/fstab の編集が終わっていることが前提。

※2重マウントに注意すること。 http://wiki.bit-hive.com/north/pg/vfsmount%A4%CE%A5%EA%A5%B9%A5%C8%B4%C9%CD%FD%A4%CE%B8%A1%BE%DA(%A4%BD%A4%CE2)

$ mount /boot/

一通り終わったら update-grub を実施しておく。

$ sudo update-grub

initramfs-toolsのraid1を有効化(または追記)する。

$ sudo vi /etc/initramfs-tools/modules

update-initramfsする。念のためupdate-grubもしたほうが良いかも。

$ sudo update-initramfs -k all -u
$ sudo update-grub

参考サイト

Linux


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 22 Jan 2017 18:43:19 JST (59d)