Top > FreeBSD > DB

MySQL on FreeBSD備忘録

MySQLのインストール

# portinstall databases/mysql41-server
# portinstall databases/mysql41-client

※実際にはmysql-41serverのインストールだけでclientも同時にインストールされた

サーバー起動時に自動起動するように、/etc/rc.conf に以下を追加

mysql_enable="YES"

MySQL初回設定

# /usr/local/etc/rc.d/mysql-server start

起動しているかどうかのテスト

$ /usr/local/bin/mysqlshow
+-----------+
| Databases |
+-----------+
| mysql     |
| test      |
+-----------+

rootのパスワードを設定

ここでパスワードが履歴に残ってしまうとセキュリティ上問題があるので、zshを使ってる場合は.zshrcにsetopt HIST_IGNORE_SPACEと記述しておき、下記コマンドを実行するとき最初に半角スペースを入れる。そうすると、下記コマンドは履歴に残らない。スペースを入れずに実行してしまった場合は履歴から削除する。

$ mysqladmin -u root password (新パスワード)

clientの使い方

詳しくはここ参照で↓

入り方(rootなどの場合)

$ mysql -u (user) -p
Enter password:(ここでパスワード入れる/表示されない)

入り方(一般ユーザ)

$ mysql (データベース名)

データベースの変更

mysql> USE (データベース名)

終わり方

mysql> quit

データベース内のテーブルに関する操作

テーブル作成→詳しくはhttp://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/creating-tables.html

テーブル一覧表示

mysql> show tables;

テーブル内の項目一覧を表示

mysql> describe (テーブル名);

テーブル削除

mysql> drop table (テーブル名);

テーブルへの値の挿入

INSERT〜SET構文を使う。詳細は以下。

http://www.rfs.jp/sb/sql/04/04.html

テーブルからの値の取り出し

SELECT (field名) FROM (テーブル名);

詳細は以下。

http://www.rfs.jp/sb/sql/04/03.html

データベース一覧の表示

mysql> show databases;
+----------+
| Database |
+----------+
| mysql    |
| test     |
+----------+

バージョン情報

mysql> SELECT VERSION(), CURRENT_DATE;
+-----------+--------------+
| VERSION() | CURRENT_DATE |
+-----------+--------------+
| 4.1.21    | 2006-12-13   |
+-----------+--------------+
1 row in set (0.06 sec)

参考にしたサイト


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 02 Dec 2014 08:00:39 HADT (1635d)