Top > FreeBSD > DB

MySQL on FreeBSD備忘録

MySQLのインストール

# portinstall databases/mysql41-server
# portinstall databases/mysql41-client

※実際にはmysql-41serverのインストールだけでclientも同時にインストールされた

サーバー起動時に自動起動するように、/etc/rc.conf に以下を追加

mysql_enable="YES"

MySQL初回設定

# /usr/local/etc/rc.d/mysql-server start

起動しているかどうかのテスト

$ /usr/local/bin/mysqlshow
+-----------+
| Databases |
+-----------+
| mysql     |
| test      |
+-----------+

rootのパスワードを設定

ここでパスワードが履歴に残ってしまうとセキュリティ上問題があるので、zshを使ってる場合は.zshrcにsetopt HIST_IGNORE_SPACEと記述しておき、下記コマンドを実行するとき最初に半角スペースを入れる。そうすると、下記コマンドは履歴に残らない。スペースを入れずに実行してしまった場合は履歴から削除する。

$ mysqladmin -u root password (新パスワード)

clientの使い方

詳しくはここ参照で↓

入り方(rootなどの場合)

$ mysql -u (user) -p
Enter password:(ここでパスワード入れる/表示されない)

入り方(一般ユーザ)

$ mysql (データベース名)

データベースの変更

mysql> USE (データベース名)

終わり方

mysql> quit

データベース内のテーブルに関する操作

テーブル作成→詳しくはhttp://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/creating-tables.html参照

テーブル一覧表示

mysql> show tables;

テーブル内の項目一覧を表示

mysql> describe (テーブル名);

テーブル削除

mysql> drop table (テーブル名);

テーブルへの値の挿入

INSERT〜SET構文を使う。詳細は以下。

http://www.rfs.jp/sb/sql/04/04.html

テーブルからの値の取り出し

SELECT (field名) FROM (テーブル名);

詳細は以下。

http://www.rfs.jp/sb/sql/04/03.html

データベース一覧の表示

mysql> show databases;
+----------+
| Database |
+----------+
| mysql    |
| test     |
+----------+

バージョン情報

mysql> SELECT VERSION(), CURRENT_DATE;
+-----------+--------------+
| VERSION() | CURRENT_DATE |
+-----------+--------------+
| 4.1.21    | 2006-12-13   |
+-----------+--------------+
1 row in set (0.06 sec)

参考にしたサイト


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 03 Dec 2014 02:00:39 JST (1141d)