Top > FreeBSD > command

コマンド備忘録

こちらも参考に

ファイルリスト表示

  • ls -1 ファイル名のみを1行ごとに表示

削除

  • rm -i 削除時に確認を求めるようになる
  • rm -f 削除時に確認しなくなる

ディスク容量

  • du -h フォルダの詳細な使用容量を表示する

ユーザ追加

adduserコマンド

% sudo adduser --shell zsh username

netstatコマンド

http://x68000.q-e-d.net/~68user/unix/pickup?netstat

  • "-n" IPアドレスで表示(名前解決しない)
  • "-a" すべてを表示(LISTENのみのポートとかも表示)
  • "-W" ワイド表示(ホスト名とか省略しない)
  • "-f inet" inetのみ表示(UNIXdomainを表示しない)

ファイルDL&解凍

  • "fetch" ファイルのダウンロード
  • "tar xzvf" .tar.gzの解凍(フォルダ付)

Top以外でシステム情報を見る方法

  • swapに関する情報→swapinfo
  • ユーザに関する情報→w
  • uptimeとloadaverageを見たいとき→uptime
  • ユーザのログイン情報→last
  • タスク情報→ps

場所を調べる

  • "which" コマンドのインストール場所
  • "whereis" インストール場所+portsのありか

複数のシェルを使いたいとき

SSHではなく端末に直接ログインしていて、複数のシェルを使いたいとき(1つのシェルが固まってしまった場合など)は、Ctrl+Alt+Fxで切り替えできる(標準はF0、F8までは使える)。F0ならttyv0、F1ならttyv1などのように区別される。

シェルのサスペンドと復帰

#suspend

復帰は以下の通り。

#fg

シェルを終了させても終わらせたくないジョブの実行方法

#nohup hogehoge &

FreeBSDに戻る


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 03 Dec 2014 02:00:39 JST (1325d)