Top > Linux > parted

partedのこと

fdiskでもよいけど、時代はGPTなのでpartedを使おう。

流れ

% sudo parted /dev/sdb
GNU Parted 2.2
/dev/sdb を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。

ここでおもむろにHDDの情報を見ようとしても怒られる場合がある。

(parted) p
エラー: /dev/sdb: ディスクラベルが認識できません。

そんなときは慌てず騒がず

(parted) mklabel gpt

とすれば見られるようになります。

(parted) unit s

まずはおまじない。

(parted) p
モデル: Hitachi HDS723020BLA642 (scsi)
ディスク /dev/sdb: 3907029168s
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始  終了  サイズ  ファイルシステム  名前  フラグ

(parted) mkpart
パーティションの名前?  []? 201205
ファイルシステムの種類?  [ext2]?
開始? 1
終了? -1s
警告: 1s から 3907029167s までのパーティションを指定されました。
可能な中で最も近いものは 34s から 3907029134s になります。
それでもかまいませんか?
はい(Y)/Yes/いいえ(N)/No? y
警告: 操作の結果できるパーティションはアライメントが正しくないためにパフォーマンスがでません。
無視(I)/Ignore/取消(C)/Cancel? i

※AFT(4kセクタのHDD)の場合は8の倍数でないといけないっぽい(未確認)が、AFTではないので無視する。AFTの場合は、2048sからにすると警告が出なくなるのでそれでよさそうです。

(parted) p
モデル: Hitachi HDS723020BLA642 (scsi)
ディスク /dev/sdb: 3907029168s
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始  終了         サイズ       ファイルシステム  名前    フラグ
 1    34s   3907029134s  3907029101s                    201205

(parted) set 1 lvm on
(parted) p
モデル: Hitachi HDS723020BLA642 (scsi)
ディスク /dev/sdb: 3907029168s
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始  終了         サイズ       ファイルシステム  名前    フラグ
 1    34s   3907029134s  3907029101s                    201205  lvm

(parted) q
通知: 必要であれば /etc/fstab を更新するのを忘れないようにしてください。

ぜんぶみたいとき

# parted -l

とすると全ディスクの情報が見られる。ただしBIOSでFDDをオフにしておかないと、fd0を見に行こうとして大変鬱陶しいことになるでしょう。

# parted /dev/sda unit s print

などとするとunitを512byte sectorにした状態で/dev/sdaのprint結果を表示してくれる。便利。


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 11 Feb 2016 22:45:59 JST (405d)