FreeBSDインストール備忘録

関連:Computer/UNIX? / Computer/Linux?

cvsup導入

まずはcvsup導入。これは必須。

# cd /usr/ports/net/cvsup
# make install clean

この後のやり方は2通りに分かれる。

supfileを書き換える方法

その後、/usr/share/examples/cvsup にある ports-supfile、stable-supfile、doc-supfile を以下のように編集する。具体的には、hostを近いサーバーへと変更する。

*default host=CHANGE_THIS.FreeBSD.org

*default host=cvsup3.ja.FreeBSD.org

make updateを使う方法

/etc/make.confにパラメータを指定しておくと、上記のような修正作業は不要。この場合の、これより↓にあるcvsupコマンドを使わず、以下のように作業する。

# cd /usr/src
# make update

make.confにちゃんとport-supfileのことまで指定してあれば、上記のように/usr/srcで作業すれば/usr/portsまで更新してくれるらしい。あたまいいー。

stableへの更新

要はOSを最新版へとアップデートする作業。RELEASEからSTABLEになる。

cvsupとstable-supfileを使ってソースコードをアップデートする。

# cvsup -g -L 2 stable-supfile

その後は以下のように入力。

# cd /usr/src
# make clean
# make buildworld
# make buildkernel
# make installworld
# make installkernel

関連サイト

portsとportupgrade

アプリケーションを簡単にインストールできちゃうシステム。ただしportsを最新にしとかないと古いアプリケーションがインストールされてしまう。portupgradeはその補助ツールであって最初にいれておくべきもの。portupgradeはRubyで書かれているのでrubyも最新にすべき、というか依存関係のおかげでまとめてインストールされる。

まず、cvsupとports-supfileを使ってportsツリーをアップデートする。

# cvsup -g -L 2 ports-supfile

次に、portsを使ってportupgradeを導入。

# cd /usr/ports/sysutils/portupgrade
# make install clean

それからports ツリーのインデックスを更新。インストール直後はcommand not foundになることがあるので、その場合は再起動する。このコマンドは長時間かかるので根気よく待つ。

# portsdb -uU

portupgradeの使い方。まずはアップデートが必要なものの一覧の出し方。出力結果で 『<』 となっているものは更新する必要があるもの。

# portversion -O

アプリケーションのアップグレードは以下の通り。アプリケーション名は /var/db/pkg にあるものを指定するらしいが、portversionで表示されたアプリケーション名でも問題ないみたい。

# portupgrade -cC apache

関連サイト

apache

インストールは以下の通り。

# portinstall www/apache2

/etc/rc.confに以下のように指定する。

apache2_enable="YES"

apacheの起動は以下のように指定する。

# /usr/local/etc/rc.d/apache2.sh restart

アップグレードは以下の通り。

# portupgrade -RcC apache

Rは依存関係にあるアプリケーションのアップグレード(これを指定しないと「依存関係にあるアプリが古いためアップグレードをやめました」と表示されアップグレードせずに終了することがある)、cCはコンパイル前後のclean。

関連サイト

ProFTPD

# portinstall ftp/proftpd

設定画面では好きなのを選べるが、とりあえずはデフォルトで良いみたい。

関連サイト

samba

全般


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes